大規模修繕工事

マンションの大規模修繕工事について、その目的と修繕時期の目安、そして現場調査についてご説明いたします。

大規模修繕工事の目的

マンションの大規模修繕工事には、大きくふたつの目的がございます。

まずひとつ目は、お住いになる皆様の安全で快適な暮らしを守るということ。そしてもうひとつは、皆様の大切な資産価値の維持・向上を図るということ。

このふたつの目的を果たすために、定期的かつ早期に建物の点検をし、保守・補修をすることが重要となってまいります。

山旺リニューアルでは、長年の経験と技術、そして実直な姿勢で建物の診断・調査をし、十分な説明を経た上で、細心の注意をはらって安全を再優先しながら効率的な工事を行います。

大規模修繕工事で実現すること

美しい外観の回復

美しい外観の回復

塗装やタイルのひび割れ・欠落、金具の錆汁、雨だれ等によって損なわれたマンションの外観を、補修や塗装・洗浄で美しく蘇らせます。

事故の防止・不具合の解消

事故の防止・不具合の解消

コンクリートの爆裂、タイル・モルタルの浮きは劣化が進行すると剥落し大事故につながる恐れがあります。そのような危険性を確実な補修により除去することで安心して生活して頂けます。

居住性の向上

居住性の向上

建物や設備が古くなって発生する不具合や、生活スタイルの変化による不便性を皆様のご意見を元に利便化、改善する提案をさせて頂きます。

資産価値の維持・向上

資産価値の維持・向上

大規模修繕工事を行うことで、外観の回復や事故防止、不具合の解消を実現。また居住性が向上し、建物の資産価値を維持・向上させることができます。

大規模修繕工事を行う時期の目安

マンションの大規模修繕工事は、10年〜15年で行うことが一般的です。

建物の外観に異常がないように見えても、内部劣化や腐食がすすんでいる可能性があります。

また、部所や素材により、経年劣化に対する修繕のサイクルが異なります。例えば外壁は10〜15年で修繕するのが一般的ですが、鉄製設備の塗装は3〜5年と外壁より早いサイクルでの修繕が必要です。

これらの耐用年数を把握し、定期的な建物診断を実施し、外観・安全を維持することが重要です。

部所による修繕サイクルの目安

防水工事(屋根・屋上・ルーフバルコニー) 10年~15年
外壁工事(タイル・吹付け・塗装) 10年~15年
塗装工事(鉄部) 5年~7年
外壁シーリング工事(外壁・金物等) 7年~10年
内部工事(エントランス・廊下等共用部のみ) 15年
外構他付帯施設工事 15年

大規模修繕工事にあたっての現場調査と診断

大規模修繕工事にあたって、まずは建物の現在の状況を十分に把握する必要がございます。

第一に、建物の新築時や修繕を行ったときの設計図書や関連書類などの資料をご提供いただき、建物自体の本来の姿を把握いたします。これにより、スムーズな工事計画を策定が可能となる上、書類作成などの余計な費用を抑えることが可能となります。

その後、専門家によって客観的な調査・診断を実施し、お住いの皆様のご希望を踏まえた上で最適な工事計画をご提案いたします。

鉄骨・コンクリート・塗膜は、マンションの骨・筋肉・皮膚

マンションには必ず鉄骨・コンクリート・塗膜が使われています。例えるなら、鉄骨は人間にとっての骨、コンクリートは筋肉、そして塗膜は皮膚と言えます。

上部で柔軟な皮膚があるからこそ、その下にある筋肉が守られ、健康な筋肉があることで骨格を維持します。

マンションの鉄骨は、アルカリ性であるコンクリートに守られて錆びずにいられます。また、コンクリートは塗膜によって守られ、アルカリ性を保ちます。

このように、良い状態の塗膜を維持することが、コンクリートの酸化を防ぎ、鉄筋・鉄骨の錆を防ぎます。

良い状態の塗膜を維持するためには、定期的な検査と適切な修繕工事が必要になります。